すぐ返す予定があるお客様に向けた消費者金融のプラン

即日

短期の単発的な利用ならリスクも少ない すぐ返すなら銀行のカードローンとの差は少ない
短期 銀行
審査の内容は無利息期間ですぐ返すお客様でも変わらない 住宅ローンと消費者金融との関係性は?
審査 住宅ローン

すぐ返す時でも履歴は残る消費者金融のキャッシング

消費者金融などで行われているキャッシングは、融資スピードが早く、審査も通りやすくなっており、すぐ返す短期雇用の人でも気軽に借りることができます。 また、提携先のatmもたくさんありますので全国どこにいても現金が不足しているときにすぐに引き出すことができ、非常に便利です。
無担保で保証人をつける必要もありませんので、人に迷惑をかけずに借金をしたいという人でも安心です。
使い道についても、事業用でなく健全な生活や暮らしのためであれば良いという表記がなされていることがほとんどですので、要するに事業資金以外であれば、どういった使い方をしても自由ということになります。 一方で、こういった使い勝手のよさが災いして、収入が少ない人が気軽に無利息期間で借入をしてしまい、返済ができなくなって多重債務者に陥ってしまうというケースも少なくありません。 そのため、貸し倒れを防ぐ意味でどこのキャッシングでも通常の目的別ローンに比べてかなり高めの金利設定をしています。 2010年の改正貸金業法により、利息制限法上の上限である年15~20%までの金利しか設定できないようになりました。 それでも100万円借入をして毎月1万円以上の金利がかかるということを考えると、おいそれと借り入れをするわけにはいきません。 ただし、この金利は確かに高利ではありますが、利息自体は日割り計算をしていますので、一回だけ借りて消費者金融すぐ返すようにすることを心がけると、意外と安い利息で借り入れをすることができます。

一回だけ借りた消費者金融すぐ返すとどうなる?

最初はみんなすぐ返す一回だけの予定で消費者金融を利用する

例えば、手持ちの現金がないものの外出先でほしいものが見つかったパターンなどに、まず、キャッシングで申し込みをして現金を用意します。
そして、当日中にそこの会社のATMですぐ返すと、利息は一切かかりません。
翌日入金したとしても、借入をした金額×金利÷365日という計算で利息を算出しますので、100万円を年15%で借り入れたとしても、約410円の利息を支払えばよいということになります。 このように、借入をした消費者金融と、銀行のatm手数料を支払って現金を引き出すよりも一回の単発ならかえって安く済むタイプも珍しくありません。 キャッシングというと銀行系の融資のほうが金利が安いため、審査に通りにくくてもそちらを利用しようとする人も少なくありませんが、提携先の多い企業ですぐ返すような使い方をするのであれば、かえってどこででも返済できる大手の業者の方が使い勝手が良い場合もあります。 もちろん、一度に全額完済できない場合には、余裕のある部分だけをまとめ払いするという方法もあります。 基本的に、無利息期間でのキャッシングは残高スライドリボルビング払いといって、限度額の範囲内で約定通りの返済を続けている限りは、繰り上げや追加借入を自由にすることができるようになっています。 安心の面でもその都度手続きをとったり手数料を支払う必要もありませんので、自営業などの収入が不安定な人にも消費者金融は向いています。

すぐ返すプランでも消費者金融以外があればそちらを選択

仮にすぐ返すことが可能でも利用しないで済むなら消費者金融は使わない

基本的に約定返済額というのは借入残高に応じて段階的に決められていますが、消費者金融で数十万円程度の借入であれば数千円で済む場合もあります。
全体的に、かなり安い金額の設定になっていますので、余裕があるときにはまとまった金額をすぐ返す、余裕がないときには約定通りの入金をしていくという風にすると、毎月の生活にも困りませんし、すぐ返すことで利息の負担を軽減できます。
ただし、二か月分を一ヶ月で完済するという方法は認められないことが多く、まとまった金額を払った翌日に支払いをせずにいると、遅延損害金がかかってしまうこともありますので気をつけましょう。 キャッシングをする上で気をつけなければならないこととして、利用限度額の制限があります。 安心できる消費者金融や信販系会社などのキャッシングでは、総量規制といって、申し込んだお客様の年収の3分の一までしか融資をしてはならないという法律があります。 そのため、無利息期間で一回ですぐ返すプランでも年収が少ない人はどこで申し込みをしても希望通りの金額を借りることができません。

賛否両論ありますが消費者金融にはすぐ返すのは鉄則です

無利息期間ですぐ返すことで消費者金融を活用する

また、この制限はお客様の借り入れ総額に対してかかってきますので、これまでに年収の3分の一以上の借り入れをしており、現在その金額が残っているという場合には、消費者金融で全く審査に通らなくなってしまいます。
その安心のためにも、借りたものはできるだけすぐ返すようにして、常に利用可能額がある程度残されている状態をしておくと、いざというときにキャッシングの利点を最大限に活かすことができます。
なお、銀行系のキャッシングは例外的に総量規制の対象外になっていますので、年収に関係なく借り入れができますが、やはり年収を基準にして融資額を決めていますので、大幅に融資額の差が出ることはまずないでしょう。 ちなみに、消費者金融によっては、一回だけの借入をするのであればもっと長期的にお得に借り入れをすることができるケースもあります。 すぐ返す際に一部の業者に限られますが、キャンペーンで一定の無利息期間の融資を行っているところがあり、大体一週間から一ヶ月程度の間、借入をした金額に関わらず、利息がかからないようになっています。

借金をすぐ返すのは消費者金融でも銀行でも変わらない

時代の流れ的に消費者金融のすぐ返す無利息期間のユーザーは増加する

この無利息期間を利用すると消費者金融で高額の融資を受けても無料で済む場合もありますが、ほとんどの業者がこのすぐ返すことに適したキャンペーンは新規で申し込みをした登録者のみに限定しています。
そのため、借入するのは一回だけとあらかじめ決めている状況についてのみ有効といえます。
とはいえ、このキャンペーンを行っていて、普段の利息も安く、提携先のatmが多かったり資金力があったり、審査に通りやすいなどメリットを持っている会社もありますので、定期的に利用する予定の業者の中から無利息キャンペーンをしているところを選ぶというのも一つの方法です。 ほとんどの消費者金融が、インターネットやスマートフォンからの申し込みができるようになっています。 近くに実店舗がない人でも自宅や外出先から携帯電話やパソコンなどからオンラインで手続きをとる事ができます。 24時間いつでも受け付けていますので、仕事などが忙しくて日中は時間が取れないという人でも安心です。 比較サイトなども多数ありますので、すぐ返す前提でおすすめ業者を探して上手に選択しましょう。

すぐに返すことができずに複数の消費者金融に手を出す

このページの先頭へ