仮に銀行のカードローンの審査にパスできるならより優先

カードローンのサービスは消費者金融や銀行など様々な金融機関がサービスを提供していて、それぞれの金融機関によって融資の条件は異なっています。 おおざっぱに言えば、世間一般的に優先順位が高い理由は比較をすると低切りだと言えるでしょう。
あくまでおおざっぱな傾向ですから、メガバンク系でも高い金利で契約しなければならないこともありますし、既存あるプランによっては低い金利で契約できる場合もあります。
個別では違うのですが、やはりこちらの方が金利が低く、支払利息を安くできると言うことから、やはり人気を集めているようです。 しかし、銀行の個人融資は審査が厳しいために、誰でも利用できるわけではありません。 申し込んでも審査に落とされてしまう人は、解約をするまで高い利息を支払い続けなければならないのでしょうか。 実は、差は大きそうですが違いはそうではありません。 確かにしっかりと予定を徹底して守って普通に利用していれば高い利息を支払っていかなければならないのですが、これはすぐ返すことによって安くすることができます。

銀行カードローン並みの利息にするなら短期間が賢明

即日

借金には変わらない事を銀行のカードローンでも意識

一般的にはすぐ返すことができるのかどうかは、サービスによって異なっていますが、たいていの場合にはできるようになっています。 利息の計算式は、メガバンク銀行のカードローンや消費者金融のWebサイトに記載されていることが多いですから、既にご存じの方も多いでしょう。
表現方法は色々あるのですが、これが例えば「支払利息=借入金額×金利/100×借入日数/365」と計算して差を表すことができます。
借入日数に比例して決まることが、これで一目で分かるでしょう。 そして違いを見るとたいていのケースでは、このように利息を日割りで計算されます。 ですから、1日しか借りなければ1日分の利息しか支払わなくて良いのです。 これが世間一般的な解り易いメリットだと言えるでしょう。 最初に契約をするときには返済方法として引き落としを選ぶ人は多いでしょう。 そうなってくると決めた日に引き落とされるというのが一般的な方法です。 たいていのパターンでは、引き落としを選んだとしても、それ以外の方法で分割返済できます。 例えば、深夜でもコンビニのATMで返済をすることができたりします。 銀行からの振り込みで返済をすることができたりしますし、ウェブサイト上で返済できたりもします。 給料日が近づくと手持ちのお金がなくなってくるという人は多いようです。 やはり、このようなときにこそ、まず絶対に自分で決めた入金日を守ることをここで実践するのが良いです。

銀行のカードローンが一般的には優先です

銀行のカードローンだから安心という訳ではありません

給料日が、例えばあと4日であれば、給料日までに必要となる必須の数万円の資金だけを、まずは借りましょう。 このときに、必要な分だけ借りるというのが基本です。
まとめて借りるのではなくて、必要になる都度借りるというのも良い方法です。
そして、給料をもらったのならその日のうちに返済をしてしまうのが良いです。 こうすることによって、4日分の利息だけを支払えば良いことになります。 例えば、少額の5万円を月初に借りた場合を考えてみましょう。 金利は法律で定められた上限の20%だと仮定します。 このときには、上で紹介した式に当てはめて計算をすると、現状は109円となります。 最大でも109円しか支払わなくて良いのですから、これなら出費の多い家計の負担にはならないでしょう。 銀行カードローンは低金利といわれますが、これが109円くらいならプラスマイナスの差し引きをして比較をしてみましょう。 利用しなくてもほとんどの方が借りても気にならないでしょう。 消費者金融のことを「高利貸し」と呼ぶ人もいるくらいです。 金利は高い場合が多いです。 しかし、金利が高かったとしても、プランをしっかりと建ててすぐ返すことによってです。 こういった利息の金額を小さくすることはできます。 長く借りればそれだけ分、利息の金額は雪だるま式に膨大にふくれあがってしまいます。 利息をたくさん支払ってまでもどうしてもサラ金で受けさせたいという人は、恐らくいないでしょう。 ですから安くするために、銀行でも同様で予定を守ることを心がけるべきでしょう。

近年では銀行のカードローンとの差は少なくなってきています

短期

住宅ローン

審査

このページの先頭へ